悪羅悪羅系ファッション

悪羅悪羅系ファッションTOP

悪羅悪羅系ファッションとは

悪羅悪羅系ファッション

悪羅悪羅系ファッションは「黒と悪」をコンセプトとし、日本の不良系ファッション(いわゆるヤンキー・暴走族などの)に、アメリカのギャングスタイルなどを取り入れた、「進化する」渋谷系不良スタイルとされています。
渋谷系といっても、渋谷でしか悪羅悪羅系ファッションを着てはいけない決まりはありませんし、大阪や福岡に本店を置く悪羅悪羅系ブランドもあります。

日本の不良スタイルが多様化し、従来のヤンキー・暴走族だけではなく、チーマー・クラバーなど、いつの間にかたくさんのスタイルが誕生しました。
不良たちは、ファッションだけでなく、文化も含めて「横の交流」というのがほとんどなかったのですが、最近になって「日本の不良スタイルは、男らしくてかっこいい!!」という考えが、浸透してきたようです。

悪羅悪羅系ファッションは、特に派手なわけではありませんが、存在感のあるスタイルですし、女性からみても「力強さ、男らしさ」が感じられ、歓迎されているようです。

悪羅悪羅系ファッションという言葉は?

悪羅悪羅系ファッション

悪羅悪羅系ファッションは、一人ひとりのファッションを良くみると、極めて奇抜というわけではなく、むしろ黒を基調に、シンプルにまとめている人も多いのです。
ただ「悪羅悪羅(おらおら)」という言葉の印象や、わざわざ漢字を当てて、いかめしい雰囲気を出しているところは、賛否両論があるでしょう。

日本のヤンキー・暴走族のカルチャーとして「夜露死苦(よろしく)」のように、漢字を多用することが行われてきましたので、悪羅悪羅という字面をみても「日本のヤンキーらしいファッションなんだろうな」ということは、想像がつきます。
一方で、この言葉の印象が強すぎるために、せっかくのファッションのいい雰囲気までが、否定的に見られるのは、損だなぁと思ってしまいます。

悪羅悪羅系ファッションも多様化はしていますが、黒をコンセプトにしたファッション自体は、すっきりしていて好ましいと感じる人もいると思いますので、もう少し馴染みやすいネーミングがあるといいですよね。

おすすめ情報

お役立ちリンク